更新履歴

2014.08.20
»サイトをアップしました。
2014.08.28
»ページを追加しました。

転職の理由は様々です

転職をしたいと考える場合は一体どんな時でしょう?転職したいと考えるのは個人個人、それぞれの理由があるのだと思われますが、誘因としては将来のために能力を高めたい、もっとやりがいのある仕事をしたい、給料をアップさせたいなどの建設的な誘因があります。ほかにも、勤務先の会社では人間関係がこじれた、出世できないこと、給与が安い、勤務時間が長いなどが誘因による体を壊したなどの消極的な理由が多いのではないでしょうか。女性でもキャリアアップなどのために転職をするという方は大変多くなりましたね。
また、勤めている会社のリストラ、解体などにより選択の余地がなく転職をしたという人までさまざまなのではないでしょうか?

同一の会社に長く勤めると経験豊かになりますが、転職すると同期が年下になり使えない時間があります。

とりわけ異業種に転職したときはその動向が感じられます。どのような原因であれ、現在の会社では勤め続けることができないと感じ、働き続けるメリットとデメリットを天秤にかけてそれでも転職したいと考えたら転職するのではないでしょうか。
どんな考えの人でも現在の自分の状況よりも上級の環境を求めて転職するのではないかと思います。

しかし、すべての面で前の会社よりも好条件という事は九分通りありえないと思いませんか。

仕事条件や状況は好転したけど賃金が下がったり、反対に賃金は高くなったけど退屈な仕事だったりと、何かしらを辛抱しなくてはならない状態に落ちいることが多いのではないでしょうか。
そのような転職をしないためには、次の仕事先を探し求める時の仕度が肝心なのではないでしょうか。転職サイト、ハローワーク、求人広告等、女性でしたら女性専用の転職サイトなどの求人データを比較し、今の仕事先と比較して内容がよいと思ってから活動するのが理想的ではないでしょうか。

現在の仕事先をやめてから動くとすると、失業保険と貯蓄にすがる生活になるので精神的にもきつくなるのではないかと思います。ですので次の就職先を決めてから、退職する準備を整理するのが肝心です。

メニュー

自己紹介

profイメージ

管理人:応 援子

性別:女

休日の過ごし方:よく覗いてる

mail:info@andrewm.info